新年あけましておめでとうございます。

  • 2020.01.04 Saturday
  • 11:06

2020年は、令和になって初めての正月、そして子年は12支の一番最初から始まる年なので、

私も心機一転して、真面目にブログを書くことにします。(笑)

ブログ書き始めてもうすぐ10年になります。そして、今回が317回目となります。

2ヶ月半も更新してなかったのですが、それでも毎日400〜500人の方が見てくれて感謝して

おります。<(_ _)>  読者から、更新は未だですか? 何処か悪いのですか?とメールや

電話を戴いていたのですが、多忙の性と、書く気力が無くなってしばらく休んでいました。

過去のブログを読み返し、つまらないブログだな〜と、反省していました。

病気とか、辞めるとかでは無く、書くことは沢山あるのですが、現在ホームページもリニューアル

する予定ですので、HPはしばらくお待ち下さい。
初心に返り、不思議な出来事や私の感じたことを、そのまま情報発信して、こんな見方や考え方も

あるのだな〜と変なジジイのブログを楽しんで戴けたら幸いです。

文章には私の性格や考え方、生き方が書き込まれますので、私の人と成を感じて頂ければ幸いです。

これから周一回くらいの予定で更新しますね。

新年の前置きはこのくらいにして・・・・

昨年は色々と事件や、災害がありましたね〜・・・・昨年も言ったのですが・・

亥年は、12年に1回必ず来るのですが、亥年は大災害や、大きな事件が必ず起こります。

ちなみに昨年の2019年は・・・

1月3日の震度6弱の熊本地震

2月26日の震度6弱の北海道地震

5月10日のマグニチュード6.3の日向灘地震

5月25日のマグニチュード6.3の千葉県南部地震

6月18日のマグニチュード6.7の山形県沖の地震

8月4日のマグニチュード6.4の福島県沖の地震

8月26日〜28日に降った台風15号による九州豪雨(レベル5は佐賀県・福岡県・長崎県)

9月5日〜9日頃の台風15号による静岡、千葉の最大瞬間風速57.5mにより934,900戸の停電と断水

10月29日台風19号による死者99名も出した伊豆、箱根地方の異例の災害、そして千曲川、阿武隅川

の氾濫による重大な被害は記憶に新しいところです。

10月31日の沖縄の首里城が焼失

海外では、パリのノートルダム大聖堂の大火災もありましたね。

その他世界中の統計を調べても、亥年は自然災害の多い年になっています。

簡単に過去の亥年災害をピックアップしてみると・・・

このように、統計を調べてみると亥年の大災害は宇宙の運命なのかも知れませんね〜

と言うことは、これから11年間は大災害が無いのかも、そして忘れた頃に災害はやって来るのです。

子年は、新たに始まりの年。

年始に計画を立て、心身共にリフレッシュして前向きに一歩ずつ前進しましょう。

跳躍の年なのです。

私も相変わらず、除夜の鐘が鳴る頃氏神社に行き新年のご挨拶をして、元旦から氏神様、鎮守様

本宮神社、大国様、高知県の総氏神様と、ご挨拶参りをしてきました。

今年から私のブログは、あまり私的な事は書かず神様事を感じるままに、そし神様を通じ感じ

悟った事を気ままに書いていこうかと思います。

1月3日に徳島の藍住町に行ってきました。

娘夫婦が家を買いたいので見てほしいと連絡があり、行ってきました。

近くに墓地も見えるので、近くに悪い気や霊道が通って無いのか見てほしいと頼まれ、

行ってきたのですがそのような物はなく、方角的にも問題なく日当たりも良く、周囲の

環境や空気もよく何の問題もありませんでした。

近くには住吉神社があり、初めて行ったのですが、住吉さんだけあって素晴らしい神社でした。

狛犬さんにとても強い印象が残っています。何か話しかけてくるような・・・

そして感動したのが、このご神木です。

凄く強い神気がビンビンと伝わり、沢山の神様が感じ取れます。

買おうとしている家から近くにある神社なのですが、私もこの場所が気に入りました。

不思議な事に、神さまに縁のある人は不思議に何処に行っても近くに神社があるのです。

私も生まれた時から神社の近くで、今まで何処に引っ越ししても近くに神様が居ます。

娘もそのような運命のようですね〜・・・つくづくそう感じました。

元日は子供達が我が家に集まり、毎年私が料理を作るのが日課となっています。

来年の元旦は、伊勢参りをして伊勢神宮の鳥居から日の出を見る予定なのですが・・

「予定は未定であって、決定ではない!」何処かで聞いたことがあるような〜・・

 

料理は元プロなのですが、身内だけなのでたいした料理は作りませんが、皆、美味しいと

沢山の料理をペロリと食べてくれました。

今年は土佐の皿鉢料理を数枚作ったのですが、一枚だけアップしますね。

鯛の姿造りです。もっと立体的な活け作りにする予定でしたが、面倒くさくなって姿造りになりました。

その他、にぎり寿司の盛り合わせ、魚介類と揚げ物の盛り合わせ等々、六枚ほど作りました。

こんなことする不動産屋はいないだろうな〜・・・(笑)

では今回はこの辺で・・・・

では又来週・・・・多分(笑)

管理人


 

熊野大社から那智の滝へ

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 22:30

前回の続きで、熊野本宮から那智の大滝に進みます。

車で約1時間ちょっとくらいだったかな・・・

移動中に話すことは、神様のことばかり・・・三人でどうだった?どんなことを感じた?

何かを感じたか?感激したことは?等といつも話しながら移動するのですが・・・

私の感じたことは、天気が良く気分が良かった、守護霊が喜んでいた、狛犬さんも歓迎してくれた。

神様の神気のシャワーを浴びたみたいで心地よい。お寺に無い神社特有の空気だね〜。

私たち家族は神社派で、寺院や仏閣は数年に1回行くかな〜?・・・

 

お寺や寺院は何故か空気が重たく感じるのです。沢山の人がお経を唱えて成仏させているのでしょう

けど、人間の妬みや苦悩、不満、悩み、恨み等が渦巻き、餓鬼、疫病神、貧乏神がたむろしている

ようで怖いのです。

優しい母親や、おばあちゃんのような、包み込んでくれるような優しい愛は感じるのですが・・・

静かなフワッとした空気を感じます。賑やかに騒ぐのは御法度で、お坊さんも酒や肴は御法度です。

座禅の修行時も目を閉じ、心静かに座禅を組み、余計なことを考えたり姿勢が崩れると警策(けいさく)

と呼ばれる棒で肩を後ろからピシッとたたかれます。

 

その点、神社(神様)は父のような凜とした空気(神気)があるのですが・・・

お祭りとなれば神様は賑やかなことが大好き、笛を吹き、太鼓を叩き、御神輿を大声でワッショイ、

ワッショイと男衆がフンドシ姿で担ぎ、酒を飲み水をかぶり笑顔で楽しく賑やかに盛り上げます。

花火を揚げ、神社の境内には土俵があり相撲を取り、食べて飲んで歌えの大はしゃぎをして神様に

も楽しく喜んでもらいます。

それが神際と呼ばれるもので、普段の厳かな凜とした空気とギャップがあるのが楽しいですね。

人間もギャップのある人の方が楽しいと思いますね。

いつもムスッと苦虫を噛みつぶしたような顔でいるよりも、テレビのチャンネルを切り替える

ように、酒を飲んで楽しく騒ぎ歌う時や、身を乗り出してスポーツ観戦したり、歯を食いしばって

筋トレしたり、座禅を組んだり、笑い転げたり、テレビで涙したり、海辺で寝転がって波の音を

聞きながら雲の流れをじっと観察したり、潮の匂い、川の匂い、花の匂い、木の匂い、土の匂い

嗅覚、視覚、触覚、聴覚、味覚の五感を楽しんでこそ健康に生きていると言う実感が湧くのです。

その五感を楽しんでいると、それらを超越した感に出会えます。それが第六感なのです。

 

そして、信じてもらえないかも知れませんが、私たち家族は神の声を聞いたことがあります。

それもしょっちゅうです。(私の場合はたまにですが、家内や長女は良く聞こえるみたい)

神社では神の声がこっちじゃ、こっちじゃと・・・・

そちらの方角に行くと摂社や末社があるときも、神様がよう来たの!

○○様ご無沙汰です。私に何か伝えることがあるのでしょうか?・・・・・無言

只それだけ??の時も・・・

私が神様に言われたことは「時空を超えよ」と何度か言われました。(市杵島姫さまに)

が、・・・未だに時空を超えることが出来ません。(^^ゞ

 

家内が車の中で今日神様の声を聞いた!と言う。

何を聞いた?と聞くと・・・・

「神と一体になれ!」と言われたそうです。私に神になれと言うこと?(笑)

 

すごいこと言われたな〜そんなことできるんか?できんやろ?と言うと・・・

でもほんとに言われたもん。・・・神と一体なんて無理よね〜。

そんな神様の話で盛り上がり、1時間過ぎくらいで那智の大滝についた。

飛瀧(ひろう)神社というんですね。駐車場付近から滝のドドーンというしぶきの音が聞こえる。

此処も何度目かな〜 何度来ても瀧のすごい音でワクワクする。

 

何百年という年月で石段さえも割砕き生えてくる生命力の強さ、これもご神木なのでしょうね

迫力ある〜しばらくいると、水しぶきで体がびしょびしょになりそう(笑)

左側の白いシートは社務所の工事です。四六時中水しぶきを浴びるから湿気も凄いでしょうね〜

滝をしばらく凝視していると、滝の中に色々なものが見えてくるのです。

先日の大雨が降ったせいで、今日は水量も多いです。

神様や神殿は写さないようにしているので、此処ではあまり写真を撮っていません。

家内の前世は此処で修行したみたいです。此処に家内がおばばと呼ぶ前世で世話になった偉い

ばあさんが(失礼)いるそうで、今でも時々時空を超えて家内に伝えに来るそうです。

 

そして、私が今一度会いたかったのは、このお堂の中にいる役行者(えんのぎょうじゃ)さま

前々回来たときに、話しかけられて耳を疑ったのですが、もう一度しっかり話を聞きたいと来た

のですが、工事中で進入禁止になっていました。(残念)

入り口は立ち入り禁止の札が・・・せっかくここまで来たのに入場料取るなよと言いたい(笑)

あぁ〜残念!この役行者に会いたかったなー・・・・もう一度話を聞きたかった。

今回は呼ばれたわけでもなく、私が一方的に会いたいと思って来たから仕方無いか・・

又いつか会えるでしょう・・・

此処を後にして・・・今日はもうホテルに直行します。疲れた・・・・

泊まったホテルは浦島ホテル。

このホテルは2度目ですが、温泉と夕食のバイキングが気に入ってます。

前回泊まった時の写真ですが、島全体が浦島ホテルで、長いエスカレーターで頂上まで行けます。

頂上に浦島稲荷があって、前回もこのお稲荷さんにご挨拶をして、今回も此処のお稲荷さんに

ご挨拶と、健康で又来られますようにとお願いする。

家内が此処でおみくじを引くと、なんと又そのおみくじには「神と一体になれ」と書いているじゃ

ありませんか・・・不思議な事もあるのですね〜

現在改装中で、温泉も三っしかありませんが、前回は確か八つあったと思います。

海岸沿いの波しぶきを味わえる温泉で、今回は朝の日の出を見ながら入れたのでとても良かったです。

カメラを持ってなかったので、ネットより拝借です。

この温泉は最高!とても気持ちよく入れました。

朝風呂に入ったとき運よく日の出を見ることができました。実際はもっときれいだった。

 

バイキングはマグロの解体コーナーもあって、新鮮な大トロもたらふく食べました。(笑)

バイキングはいかんなー必要以上に食べるから・・・・

私の大好きなウナギ蒲焼きもたらふく食べましたね〜(笑)

気持ち悪いほど食べて、飲んで、温泉に入り余は満足という気分で熟睡する。

明日は大阪の石切神社へ向かいます。

今日はこの辺で終わりにします。では又・・・・・管理人。


人気ブログランキング

熊野大社へ行く

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 11:53

前回の熊野巡りの続きで、ホギホギ神社から熊野大社へ向かいました。

熊野本宮大社に到着です。多分2時位だったと思います。

此処への参拝は3度目ですが、家内が神様に呼ばれているから、熊野本宮へどうしても行きたい。

と言っていたのが春だったのですが、9月になってやっと来ました。

よ!久しぶり。と声をかけたくなるような懐かしさです。

こちらの阿像も、天気も晴れて気分良さそう。久しぶりとポンポンと体をたたき、ウインクして

俺を覚えて居るか?と聞くと、相変わらずシブイ奴だな〜・・とは言わなかった(笑)

ありゃ? 八咫烏が緑になっとる。前は黒だったのに何故かな〜?気分転換か?血迷ったか?

本宮の八咫烏のモチーフ。3本足は伝説の神の使いで、Jリーグのエンブレムにもなっている。

天皇家の16菊紋の「のれん?ではなく(笑)御幕(おんまく)と言います」が立派ですね〜・・・

※○○宮と「宮」の名が付くのは、天皇系(皇室)の先祖神を祀っているか、どうかなのです。

ここから先の撮影は遠慮しておきます。神様に失礼になりますので・・・

何故かとても気分が良い。気分が良いと感じたときは神様が歓迎してくれているのです。

来て良かった!ほっとする空間で参拝する間、何もかも全てが気持ち良い。

きっと私の守護霊も喜んでくれているのでしょう。

ルンルン気分で大斎原(おおゆのはら)の大鳥居へ徒歩で行く。

全ての参拝が終わり、駐車場から徒歩10分くらいの所に日本一の大鳥居があります。


遠くからでも聖地の入り口がすぐ分かり、大鳥居が両手を広げて結界を張っているみたいです。

熊野はよみがえりの聖地(再生)と言われます。(命や魂をクリーニングやリセットをする)

私は神社で参拝する度に魂のクリーニングや、再起動をしているような気がします。

高さ34m幅42mは日本一の高さを誇ります。ビルの高さで言えば10階建てくらいですね〜・・・・

遠くからだと、あまり高さが分かりませんが、真下に来て見上げると迫力ありますね〜・・・

この場所は、かつての本宮のあった場所で、明治22年の大水害で被害を受け現在の場所に遷座した

のだそうです。

奥に続く参道も神聖で凜とした空気がこの付近一帯にあり、大鳥居からこちらが神の結界を感じさせ

られます。

 

広々とした聖地に凜とした空気が、かつての本殿の神聖な空気を漂わせています。

(ネットより)毎年9月か10月頃、行われる八咫の火祭りです。

一般の人も申し込みにより、この行列に参加できるそうですよ。https://yatanohimatsuri.site/

次は・・・飛龍神社と那智の大滝に向かいます。

 

続きは次回にしますね。・・・では管理人。

 


神社・仏閣ランキング

熊野神社巡り

  • 2019.10.03 Thursday
  • 23:06

前回の熊野巡りの続き△任后

帰ってきて一週間、旅行疲れも大分回復しました。90%位かな?(笑)

若いときから武道を少々やってたので、回復力には自信があったのですが、若いつもりでも

年相応の回復力になりますね。(笑)

次に向かったのは、以前から気になっていた「紀州宝来宝来神社」(きしゅうほぎほぎ神社)

変わった名前で、宝来る、宝来る、神社なのです(笑)

この看板も台風の性で倒れていました。山頂だから風も強かったのでしょうね〜。

とても良い天気になって、気持ちよく参拝できることを神さまに感謝します。

細い山道を、くねくねと30分くらい登りやっとたどり着きました。

近くで御神体を撮るのは失礼なので、遠くから撮った写真と、ネットよりの写真しかアップできません。

グーグルマップによると、標高519Mとありましたが、もっと高く感じますね〜

天気もすっかり良くなり、清々しく綺麗な空気で気持ち良く参拝できました。

この地は伊勢と高野山のライン上に位置し、陰陽四魂の力をバランスよく受けています。

ホームページhttp://www.kishu-hogihogi.org/

これよりネットよりの写真投稿となります。

宝来宝来神社は熊本県南阿蘇村が本社で、ここ紀州宝来宝来神社は分身として建立されたそうです。

こちらが熊本の本社です。未だ行った事がないのですが、機会があれば行ってみたい神社ですね。

この神社の言い伝えは・・・・

平成16年春、リストラされた重機の運転手がこの土地の造成工事を行っていたところ、大きな岩に当た

りました。運転手はその岩を取り壊そうとしましたが、突然重機が動かなくなりました。

修理してまた取り壊そうとしましたが、再び故障し原因も不明です。

 その夜、夢に岩が出てきて「どうして私を壊そうとするのか?」と言うので運転手は「生活のために

金が必要だ」と答えると、岩は「それなら宝くじを買いなさい。そして当たったお金の一部で私を掘り出し

て祀ってくれないか?」と言いました。

運転手は半信半疑で宝くじを買うと生活に困らない程度の額が当選したので岩を掘り出しました。

 その話を聞いた友人が、この岩を拝み宝くじを買ったところ、途方もない額が当たりました。

その噂が広まり、誰ともなくこの岩を『当銭岩』と呼ぶようになり、願掛けする人々が訪れるようになりました。

その後、当選された方々のご寄付により、当地を宝来宝来神社として建立いたしました。

(宝来宝来神社公式HPより引用)

 

これがその取り壊されなかった岩で、この岩の写真を枕の下に入れて眠ると、「宝くじを購入するタイ

ミング」と「ロト6等の数字」などを教えてくれるそうですよ。試してみては?私はやらないけど(笑)

https://www.itamiwake.com/hogihogi-shrine/

良い言葉を発見しました。・・・・・・

この世はお金がすべてではありません。

しかし生活するためにはどうしても必要です。

お金は無いよりは有る方が幸せです。しかし必要以上に求めるとそれと同じくらいの

目に見えない不幸もやってきます。

たとえば宝くじの高額当選者の数多くの人が当選したことにより、 最終的には何らかの

形で不幸を背負ってしまいます。

なぜなら二億円当選しても、 その二億円の後ろに同じだけの不幸が一緒についてきます。

お金は使えばなくなります。しかし その不幸はそのまま残ります。

そしてお金が無くなった時にその不幸が襲いかかってくるのです。

この目に見えない不幸とは、努力なくして手に入れたお金に 対する他人のやっかみ

そして妬みにほかなりません。

そうならないためには、宝くじの当たった方こそ当神社にお参りすることにより

功徳を積むことができます。

そうすることによりきっと幸せになれるでしょう。  

そしてそれは当神社の願いであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにその通りだと思いますね。

そして私はここの紀州宝来宝来神社で、不思議な体験をしたのです。

このご神体の石も、ネットより拝借の画像です。写真を撮ること自体が失礼な気がして遠慮しました。

台風の性で社が倒れたりしてましたが、自分一人の力では起こせそうになく、男数人の手助けが要ります。

手を合わせて、直せないお詫びをしました。

御神体である当選岩に触れたくなって、両手で抱き目を閉じてしばらく何かを感じるようにしていると

一瞬ですが、岩の縁が青白く光ったのです。

そして試しに左右にゆすってみると、このびくともしない岩がぐらぐらと動いたような気がしたのです。

え?まさか気のせいかな?と、もう一度ゆするとびくともしない。

やっぱり気のせいだったかも知れない。(笑)

とりあえず宝くじは買ってみよう(^▽^)。当たるかも知れない。

もし当たったら・・・此処で約束します。

 

私の大好きな言葉があります。

 

「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」

と云う言葉です。

今までもこのように実践してきたし、これからも私の心は変わらないと思います。

四十年位前から我が家のアトリエに飾っている教訓です。

このような生き方が、たとえ幸せになったとしても、他人に妬まれない方法でしょうね。

もし、宝くじが高額当選したら、半分は自己のために、半分は他人のために使うことを約束します。

まず当たらないでしょうけどね〜・・・・(^▽^)

宝くじ当選だけの神社ではないからね。色々と御利益もありそうです。

清々しい山頂の空気を胸いっぱい吸って、次の熊野本宮神社へ向かいます。

五時にはホテルに着きたいので、時間を気にしながらの参拝となります。

今日はここまでにします。

では又・・・・管理人。


人気ブログランキング

 

 

 

 

和歌山県の熊野巡り

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 11:48

久しぶりの休暇。和歌山県の熊野本宮を中心に熊野の神々にご挨拶に行ってきました。

只、高知市を出発したのは9月22日の24:00です。

夜明けと共に、神社参りをするのが目的で出発したのですが・・・

あいにく、台風17号の性で転向が悪く雨風が強く心配していました。

案の定明石大橋が、台風のため通行止めの情報が入り、瀬戸大橋は?と電話で問うと、

現在は通行できますが、制限速度50kです。後1時間後は通行止めになる可能性もあるとのこと

ホテルも予約しているし・・・まず瀬戸大橋まで行ってみよう。と、車を走らす。

神様が来なさいと云うことで行くのだから、何とかなるだろうとゆっくり走る。

途中すごい横風で、走る車がふらつく。

サービスエリアや、パーキングエリアでは待機中の車をよく見かける。

走っているのは、自分だけかな〜と思うくらい走行中の車はいない。

約1時間過ぎた頃、瀬戸大橋に付く。

風雨も弱まり、瀬戸大橋は何気なく安心して渡れました。神様のおかげかな(笑)

和歌山市の日前神宮に着いたのは、午前8時前だった。此処まででも意外と疲れた。

日前神宮(ひのくまじんぐう)と國懸神宮(くにかかすじんぐう)の二つの神宮を同じ敷地内に

祀られる珍しい神宮です。(宮と付くのだから天皇系の神様には間違いないのです)

※日前神宮の主祭神は日像鏡(ひがたのかがみ)を神体とする。

※國懸神宮の主祭神は國懸大神(くにかかすのおおかみ)は日矛鏡(ひぼこのかがみ)を神体とする。

夜明け前に着く予定が、8時になりました(笑)でもとても気持ちが良い。

台風も過ぎ去り、とても良い天気になりました。木々も気持ちよさそう。

さすが神宮とあって風格がありますね。此処に来て良かったと思います私の守護霊も喜んでいるみたい。

 

(日前神宮)本殿は撮影禁止となっていますので、ネットよりの写真投稿となります。

 1585年に豊臣秀吉に攻め込まれ、社領が没収された。その際社殿が取り壊され境内が荒廃したが、

江戸時代に紀州藩初代藩主徳川頼宣により社殿が再興された。しかし現在は最盛期の5分の1の広さに

なっており、社殿や施設などは往時を忍ぶに及ばないと云われています。
創建2600年を遡る日前神宮と國懸神宮の二社は同一境内に鎮座されているのです。

(國懸神宮)撮影禁止のためネットよりの写真投稿です。

日前神宮の御神体・日像鏡(ひがたの鏡)と國懸神宮の御神体・日矛鏡(ひぼこの鏡)は八咫鏡より

前に作られた鏡で、八咫鏡と同等のものとされ、天孫降臨の際、三種の神器とともに両神宮の御神体も

副えられていた。

※日前神宮の祭神である日前大神は天照大神の別名とも言われています。

天皇継承の義の際も三種の神器を納める鏡は、八咫鏡とこちらの御神体である2つの鏡も同時に納めらて

いたようですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沢山の神社を廻ってきて、書くことが沢山あるのですが、帰ってくると仕事が山積みに残っており

落ち着いて書く暇がありません(笑)

続きは、又後日書きます。

3日で1700キロ位走ったのでとても疲れました。今も未だ疲れています(笑)

歳を感じますね〜前はこれほど疲れることは無かったのに・・・

では又・・・・管理人。

 


神社・仏閣ランキング

 

天皇と神のルーツを義務教育で教えるべきでは?

  • 2019.08.31 Saturday
  • 23:07

こんにちは今回も、私が「ぼやき」を書きたくなったので少し付き合って下さいね。
最近のニュースや事件を見るたび、昔の教育の方が良かったな。 義務教育で何を教えてるんだろ〜?

と腹立たしさを感じまます。

神のことは宗教の匂いがするので特に教えなくとも良いですが、日本国の象徴である天皇陛下の

ことは、義務教育で教えるべきだと思いますね。
天皇陛下は日本国の象徴であり、国民の代表である総理大臣を任命し、日本国憲法の103条を含め、

六つの主要な法律を制定しているのです。
(憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法)※六法全書
法律は全部で2,000以上あります。民法だけでも1,044条まであるから、全部で何条あるのでしょうね。

私たち国民はその国家の定める法律に守られているのです。

ちなみに・・・法律とは弱い者を守る為にあるのです。幾つかを抜粋すると・・
憲法第1条は・・
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意

に基く。

憲法第14条
すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、

経済的又は社会的関係において、差別されない。華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来

これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
(※全ての国民は平等なので、裁判所の判決も平等で無ければならない。よって判例を優先するのです)

貴族や華族制度は廃止され法の下に皆、平等なのです。
憲法第99条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
(※総理大臣や裁判官は勿論、天皇陛下といえども制定された憲法に従わなければならないのです)

その他、食品安全基本法や食品衛生法などにより食べ物は何を食べても安全ですし、日本国は自衛隊により

国を守られ、アメリカとの安全保障条約を交わしているし、他国から攻められることはまずありません。


その他色々と素晴らしい法律があるから、武器も無く、安全で自由に暮らせるのですが、私が言いたい

のは私たち日本人は、日本国籍があると言うだけで、このような素晴らしい法律に保護されているのです。

その日本国の象徴である天皇陛下のことをもっと自信を持って義務教育で教えるべきだと思いますね。

現在の若者に天皇の名前は?今上天皇は何代目?初代天皇は誰?と聞いて即答できる人がどれくらい

いるでしょうね。
そもそも、義務教育なのに国旗を揚げない。先生が国歌を歌わない。君が代のピアノ伴奏をするように

求め職務命令を拒否した音楽教師が処罰を受け、裁判所に訴訟した事件もありました。

子供達に天皇廃止論を教える教師もいるとか・・・
日本教育職員組合(日教組)が軽佻浮薄な子供達を作っているような気がします。

私たちが子供の頃は、天皇誕生日や祝日は何処も軒先に国旗を掲げていたのですが・・

何処の家にも軒先に旗を掲げる金具が付いていて、国旗を揚げるのを忘れてる家は非国民のように

言われてましたね(笑)

私たちは国民が祝日に感謝して国旗を掲げるのが当たり前だと思っていました。
天皇の歴史は初代天皇(神武天皇)から第126代(今上天皇:徳仁陛下)までの歴史があるのですが、

初代天皇は半神半人で代々神の血を受け継がれていることはあまり知られてない。

初代の神武天皇を祀る奈良市の壮大な橿原神宮。

橿原神宮のお正月。初詣では凄い人出です。

 

  神武天皇?山幸彦の孫?浦島太郎物語?そんな神話物語は信じられない!神話は実在しない人物だ!

とおっしゃる輩の多いこと(笑)現地へ行ってこの壮大な神宮を見て何千年も前からある歴史を否定

できるのでしょうか?
本来天皇家は、歴代神の血を引く血統のはずですが、幾度も一般人と結婚され126代ともなれば、神の

血筋もかなり薄くなり現在は、一般人とほぼ変わらないと思います。
しかし、天皇のご先祖様は神さまに間違いないのです。
血は薄くなろうとも、天皇継承時に行われる、三種の神器継承儀式は変わってないのです。
日本が世界に誇れるのは、世界平和を願う天皇陛下と、日本の伝統文化と素晴らしい法律です。

神さまの血筋は薄くなろうとも、天皇としての魂筋は脈々と受け継がれているのです。

 

約2600年前に神武天皇がこの地、奈良県橿原市で即位の礼を受けたと伝えられる橿原神宮。

49,000屬箸い錣譴訌埖腓壁瀉呂坊立されている。

神武天皇が神話とか逸話だけの人物ならここまでの敷地と立派な建物はあり得ないと思います。

日本人を健全な神国の国民にするには、義務教育を徹底的に改革をしなければならないと思い

ませんか?私如きジジイが叫んでもどうにもならないでしょうけど、単なるボヤキですよ。(笑)

 

難しいことは我々の選んだ政治家に託して、私は神社廻りをして神さまにお願いするだけです。

大分涼しくなってきたので、9月は和歌山の本宮神社と、那智の大滝、大阪の石切劔箭神社へ

行く予定です。

本宮神社は、かみさんが呼ばれているようで、数ヶ月前から頼まれています。

そして那智の御滝でしばらくの間、瀧を眺めてみたいと思います(何かを感じとるまで)

いくら見ても飽きない、神気を感じる瀧です。

そしてここで修行したといわれる役行者に会いたいのです。(この堂の中に居ます)

前回は話が出来そうで出来なかった。(残念です)

多分今月中にいけると思いますが、行ったら又報告しますね。

では又・・・管理人。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

幸せ薄い人の法則。

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 11:57

しばらく休んで、久し振りの投稿となります。

お盆休みは、何処にも行かず冷房の効いた部屋で本を読んだり、ビデオを見たり骨休みをして

いました。年に一度はこのような休暇があっても良いかな?(^_^)

 

夏の全国高校甲子園大会を見ていて、感じたことを少し書いてみます。

全国から勝ち上がってきた各県の優勝校である49高が県代表として、日本一を決める選手権大会です。

小学校から、いや中には幼少の頃から野球に没頭し、甲子園を目指し勝ち上がってきた子供達ばかりです。

高校の野球部員と言えば、100人超す野球部は13チームもいるとか・・

高知の明徳義塾の場合は野球部員数は約150名ほど居るそうです・・・

その中でレギュラーになれるのはたったの9人。

県の予選はトーナメント制だから、勿論一回でも負ければそれで終わりです。

高知県は人口が少ないから、31校の頂点に立てれば甲子園に出られるのですが、一番多いのは

神奈川県の189校が最高で、100校を越す県(地区)の参加高校は49校の内13校もあります。

連勝を重ね、その県の頂点に立って初めて、念願の甲子園に出場できるのです。

その選りすぐりの選手の中からプロになれるのは、ほんの一握りの選手だけなのです。

単純計算すると、49校×9名(レギュラー)として441名。その中から数名だけプロで活躍できるのです。

選手達にとっては最後の一生一代の晴れ舞台。

監督も選手の将来が掛かっているので責任重大です。

・・・・・・・・・・

ここで運命となるのが、「運と不運」がつきまとうのです。

私は野球はやりませんがテレビで見ていて、とても勉強になります。

名監督と言うのは、迷いがありません。各選手の性格を知り、心の奥深い気持ちまで読み取り、

的確な状況判断で、サインを送ったりピッチャー交代を命じたりします。

正に森を見て木を見ずなのです。

迷監督は、一瞬の迷いがあるのです。もう1球見てからピッチャー交代しようとか・・・

その1球が大失敗となることもあるのです。

野球オンチの私が言うべきではないですが、遠く離れているから冷静に森を見る如く大局観で見える

のですが、実際側で窮地に立っている監督は、木や葉っぱばかりが目に付くのかも知れませんね。

 

「運と不運はその人の手の中にある」・・・

この言葉を思い出したときに、いつも連想するのは松下幸之助さんです。

松下電器「パナソニック」を一代で築いた松下幸之助さんは、面接の際に必ず聞く質問があったそうです。

それは「あなたは運がいいですか?」

その問いに「私は運が悪い方です」と答えた人は、東大卒でどんなに成績が良くとも有能な人材でも

感じの良い好青年であろうとも採用しなかった。

それは、自分はとても努力しているのに、運が悪いから成功しないという「恨み」をかかえているから。

自分はもっと評価されてしかるべきだと言う、自己の過大評価に陥っている。

自分は運が悪い方だから仕方ないと諦める。

成功者を妬み、失敗者を「努力不足だ」と責める。

成功したときに「自分は人並み以上に努力をしたので実った」と考え、お前にもできると強要する。

「自分はたまたま周囲の人やタイミングに恵まれて、成功した」とは考えない

 

逆に「私は運が良い方です」と答えた人は、すぐ採用したそうです。

それは「失敗や成功はしょせん運である」ということを知っているので、過度に落ち込まない。

そして「自分は自分の努力によって、ここまで成り上がった」と思い込まない。
謙虚なため、自分の力に酔いしれることがない。

「他人に与えた好意は、巡りめぐって自分に返ってくる」ことを知っているので、積極的に他者を助ける。

 

松下氏は「人生の90%は運やな。」と言っていたそうです。

自分の人生はいっぱい失敗したが、運が良かったから成功したとも言ってました。

本田技研の創始者本田宗一郎氏も、成功は99%の失敗に支えられた1%だとも言ってましたね。

運とは不思議なもので、運の良い人が集まれば会社も運気が上がるのでしょうね。

 

(牛は牛連れ馬は馬連れ)と言う言葉があります。

類は友を呼ぶと言う意味なのですが、運の悪い人は運の悪い人と集まり、運の良い人は運の良い人と

集まるのです。

学校でも勉強のできる者はできる者で集まり、悪は悪で集まり、スポーツ好きはスポーツ好きで集まる。

私も時々居酒屋に行くのですが、運の悪そうな人達が、人の悪口や不平不満を言い出すとすぐ帰ります。

 

私も仕事柄色々な人に出会い、話す機会があるのですが幸せ薄い人には何か法則があるような気が

するのです。

その法則とは・・・・

,垢阿房分は悪くないと正当化する。◆○にだまされた。A蠎蠅鮴佞瓩觧が解決策だと考える。

け燭琉さに腐り投げやりになる。イ前が悪いと怒り謝らそうとする。α蠎蠅鮑┐濺覆燹

 

運の良い人の法則とは・・・

”塋辛塰を言わず解決策を相談する。悪い結果になろうとも、いい勉強になったと笑い飛ばす。

常に感謝の心を持っているので、相手に好印象を与える。ぜ最圓量気だ功は無いことを知っている。

ゾ錣房分は幸せだ!運がいい、強運だ!と思っている。Ρ燭禄笋辰討ることを知っている。

 

以前、鏡の法則と言う事を題に書いたことがあります。

私の机の上には、パソコンと2台のジュアルモニターがあり、その横に10インチ位の鏡を置いています。

常に何度も自分の顔が見られるように、鏡を見る度にお前は幸せ者だ!強運の相をしている!自由だ!

沢山の人に好かれている!いい顔してるじゃないか!等と言い聞かせているのです。(^o^)

 

反対に、鏡を見る度にお前は運が悪い!不幸者だ仕方ない!何をやってもダメな奴だ!嫌われ者だ!

悪い運命だから仕方ない諦めろ!情けない顔してるな〜!死ね!等と毎日思っていたらどうでしょう。

鏡の法則は怖いですよ(^o^)

こちらが好きと思えば好きになってくれるし、嫌いと思えば嫌われるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

松下幸之助氏も、想像が創造する!人生とは自分が考えている通りになっていく!と言ってます。

常日頃、自分のことを「運がいい!強運だ」と考えていると、その通りになって行くという。

運の強い社員が集まり、強運のエネルギーが集結して具体化してカタチとなっていくと言うのです。

私はこの言葉が大好きです。

仕事でも、障害物や大きな壁に遮られたり、乗り越えることが出来ない時は、「不運」とは考えず

自分に与えられた試練だと受け入れ、いったん距離を置き乗り越える方法を考え再チャレンジします。

それでもダメな場合は、いい勉強をさせてもらったと感謝をするようにしています。

幸運は不運のあとにやって来るのだと期待するのです。

 

仕事柄、いろんな職種の方や、いろんな性格の方とも話す機会があるのですが、私も人間ですので

好き嫌いや、性格の合う合わないもいます。

毛色の違う人や、運の悪そうな人は、あまり関わりたくないのですが、仕事なのでそういう訳にも

いかず一応、できる範囲内でお相手はします。

 

運、不運は人との出会いによって作られる。と言っても過言では無いと思います。

この人との出会いは「幸運なのか不運なのか」を見極める必要があります。

「運も不運もその人の手の中にある」は、良い言葉なのですが・・・・

私は「運も不運もその人の要領の中にある」と言いたいですね。

幸せな人生の90%は「運」がもたらすのです。私との出会いはチャンスかも知れませんよ〜(笑)

お互い「強運」で幸せになりますように、幸せ薄い人の法則は排除しましょう。(^o^)

では又・・・・管理人。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

郡とは何?

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 12:16

先日の休みに家内と、高知県大月町の神社参りに行ってきたのですが、その時に車の中で

些細な討論をしました。

私が幡多郡大月町だといったら、家内は大月町は幡多郡ではない。単なる高知県大月町だと

言うのです。スマホで神社の住所を調べても高知県大月町とのみ書いていると言う。

私は、じゃ〜旧中村市、今の四万十市は幡多郡ではないのか?

家内は四万十市は、市だから郡では無いという。

確かに、四万十市は郡とは言わないけど、昔は幡多の中村と言ってたよな〜

高知県は・・と言うより日本全国、沢山の郡があります。

私は、高知県の場合6つの郡があり、その中に後から「市」が出来たので、この辺りは○○郡

だと言う事は分かるのですが、市も時々合併したりして名前が変わるので頭が混乱します。

私も古いですね〜・・・・(笑)

高知県には6つの郡があり、市町村は後から出来たのです。

(※現在、香美郡は廃止され香美市と香南市になっています)

群区町村編制法は明治11年に制定されたのですが、「地方自治法」の施行により廃止され

昭和22年5月3日( 憲法記念日)に全部改正されたのです。

よって、市町村にはそれぞれ長と名の付く者がいる(自治体だから)のですが、郡長はいないのです。

高知県は6つの群から市は独立して現在の群は上図のように・・・

安芸郡は・・東洋町・馬路村・北川村・奈半利町・田野町・安田町・芸西村・の7つ

長岡郡は・・大豊町の1つ

土佐郡は・・大川村・本山町・土佐町の3つ

吾川郡は・・いの町・仁淀川町・日高村・越知町・佐川町の5つ

高岡郡は・・都農町・檮原町・中土佐町・四万十町の4つ

幡多郡は・・黒潮町・三原村・大月町の3つ

香美郡は・・香美市と香南市の二つに分かれ郡は廃止になりました。

数十年後は、郡や郷は無くなるかも知れませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと、町の呼び方ですが、(○○マチと言う呼び方と○○チョウと言う呼び方があります)

同じ町の字なのですが、呼び方に決まりがあるようですね。

その呼び名のルーツは、江戸時代に遡るようです。

お城の付近に町造りができて、お城の近くには家老や重臣などが居住区として配置され、

家臣の武士達がその次、そして職人達の町が出来ます。

それが、主に町(まち)と呼ばれたようです。

武士達の居住区に多いのは、中町・南町・東町・西町・新町・上町・本町・南新町・中新町

北新町・元町・鷹匠町・京町・堺町・北本町等はマチであり・・・

職人達の住む町も、大工町・鉄砲町・鍛治町・紺屋町・御徒町・帯屋町・通町・宝町

旭町のように(まち)と呼ぶのです。

そして、町人達の町を(チョウ)と呼んでいたみたいです。

町人達の住む町の名に多いのは・・・伊勢崎町・稲荷町・本宮町・竹島町・百石町

高見町・八反町・福井町・宝永町・知寄町・稲荷町・若松町・青柳町・丸池町・小倉町等は

(チョウ)と呼ぶのです。(お城に遠くなるからだと思います)

昔の人はお城下に行くと言ってました。お城下付近には職人や商人等の店舗が建ち並び綺麗な

着物や日用品、魚、野菜、花、金魚、菓子などが売られ、賑わっていたのだと思います。

現在の高知市の日曜市や帯屋町がその名残でしょうね〜・・・・

そんな昔を想像しながら歩くのも楽しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ字でも(チョウとマチ)の呼び方があります。調べると面白いですね。

今回はここまでにしましょう。

では又・・・管理人。


人気ブログランキング

 

 

 

大月町の月山神社

  • 2019.07.19 Friday
  • 10:43

久し振りに遠くの神社に行ってきました。

遠くと言っても高知県内ですので、近いのですがそれでも高知市から高速を使っても3時間半は

掛かります。高知県は横に長いので東の端から西の端まで車で行くとすれば、8時間くらいは

掛かります。

今回は高知市から西に向かって高速を使って1時間、一般道に降りて3時間ほど掛かりました。

(途中で休憩もしたから・・・)

近くの神社は、時々行っているのですが、ブログに書くほどのこともなく久し振りに足を伸ばして

何処か初めての所へ行こうと、探していたのです。

次に行きたい所は決めているのですが、涼しくなってから行こうと決めている神社があります。

それは、もう数回行った神社なのですが和歌山県の熊野本宮大社なのです。

熊野本宮大社の八咫烏さんと、そして那智の大滝へ行くのが目的です。

那智の大滝付近にいるオババに会いに行くのと、飛瀧神社に居る役行者(えんのぎょうじゃ)に

会うのが目的です。

(※本当の名前を知らないオババさんは、家内の前世の師匠らしく今でも時々忠告をしてくれる

らしい。そして私はもう一度、役行者に会いたい)

 

〔役行者の紹介〕えんのぎょうじゃ又の名を、役小角( えんのおづぬ)とも言う。

以前私が那智の飛瀧神社で撮った写真なのですが、仏教の臭いがするので、なんとなく嫌だな〜

と何気なく眺めていたのですが、その時右足と杖をカツカツと鳴らして私に何か言おうとした

ことをはっきり覚えています。あのとき社務所に行ってお堂の中に奉られている杖を持った人は

誰ですか?と聞き、初めて役行者さんであることを知りました。

この時まで、役行者という名前すら初耳でした。

四国では役行者さんに会えることはなく、祀っている神社もないですね。お寺はあるかも?

 

役行者とは・・・・簡単に説明します。

650年頃活躍した行者で、那智の飛龍神社神社付近で修行し、仙人や修験道の開祖とされる。

陰陽道や呪術を使いこなし鬼を家来にし、空も飛べる。

大国主の子である一言主と言う神も役行者に縛られ、現在も縛られたままだという。

(※一言主=味鋤高彦根尊=事代主は同一神とされています。父は大国主、母はたぎり姫とされる)

四国の剣山も役行者が開山したと伝えられ、その後空海が剣山を中心に八八ヶ所を封印している

のも、かごめ唄の秘密に関係あるのかもと思っています。

実在した人物では、安倍晴明や空海よりも呪術的には一枚上なのかも知れないですよ。

ちなみに安倍晴明は1000年頃、空海は800年頃、安徳天応は1180年です。

実在する人間が神格化した人たちです。その他キリスト、ほてい様、菅原道真、等がいます。

・・・・・・・・・・・・・・

又、前置きが長くなりました、すみません。

先日7月15日に高知県大月町にある月山神社に行ってきました。

行きたかった理由は、月山神社は役行者又の名を役小角( えんのおづぬ)が月形の石を発見し

開山したと伝えられていたからです。

7月15日は曇りの予想だったので、この日を逃せば又連続の雨なので熟慮断行この日しかないと

行ってきました。

出発したときは、空は明るく晴れるかな?と思って行ったのですが、途中から大雨(笑)

車のライトを付け、ワイパーのスピードを上げ、何これ?

ま〜普段の行いが良いからそのうちに止むだろうと行きましたよ。

やはり、着く頃には止みました。

久し振りの海岸、気持ち良いですね、空は明るくなり始め良い天気になりました。

やはり、普段の行いが良いから晴れたのかな〜・・・・(笑)

晴れたら、高知の綺麗な青い海と空を紹介できましたのに残念です。

道中の写真を3枚アップしていましたが、変な良くない物が映っていましたので削除しました。

月山神社に着きました。(高知ではつきやまと呼び・がっさんとも呼ぶみたい)

役行者(又の名)役小角( えんのおづぬ)がここで月形の霊石を発見したと書かれていますね。

不思議な事に、神社と月形の霊石の写真を何枚か撮ったはずなのですが残っていない。

 

これは月形の石ですが、霊石ではありません。月形の霊石はこの神社の裏手20m上がったところに

あると記されている。

この神社の裏山を20mほど上がった所に役行者が発見した月形の霊石があります。

急な角度の石垣をよじ登って行くと月形の石がありました。

石が濡れて滑るので、家内と娘は10m位上がったところでもう上がれないと手を合わし拝んで

いました。私は当然上まで登り写真を何枚か撮りましたが、不思議なことに映ってないのです。

こんな足下が滑り危険な坂道は高齢者は登れないですね。私も高齢者なのですが(笑)

この石です。ネットより拝借しました。

確かにこの付近は、神気が漂っています。手を合わせ拝んでいると何か分からないけど感じるものが

ありました。家内曰く役行者と思う、この神社でも色々と感じたみたい。

神社は、寂れたような小さな神社でしたが、私たちには充分に見応えがありました。

又、帰る頃には雨が降り出して、私たちの為に雨を止ましてくれたみたいでした。

昨夜撮った写真なのですが、(7月18日20:30)大雨は止んだのですが、真っ暗な空にやけに

西が明るく、何だろうとよく見えるところまで車で行きました。

月明かりや、街の灯りでもなく、何だろう?見たことの無いほどの明るさでした。???

では又・・・・管理人。


神社・仏閣ランキング

 

 

 

尊厳死と安楽死について

  • 2019.07.06 Saturday
  • 02:42

人間はいつかは必ず死にます。

私の両親や、兄弟、友人、お世話になった先生、皆、歳と共に亡くなってしまいました。

眠るように穏やかな顔で死ぬ人もいれば、長い闘病生活の末、苦しんで死ぬ人や、癌の末期症状で

痛くて、痛くて、早く殺してくれ〜と嘆く人や、ボケてしまって家族の顔も解らなくなり、誰が見舞い

に来ても解らず、何年も酸素マスクを付けたまま、栄養は管を通して生かされているだけの人も。

見舞いに行って、そんな人を眺めていると生き地獄を見ているようで可哀想でとても心が痛いのです。

私もいつかそのように成るのかも知れない。そのようになったら早く安楽死をさせてほしいと思いますね。

あなたは生き地獄と、安楽死どちらを選びますか?

と聞いたら、ほとんどの方が安楽死を希望するのではないでしょうか?

でも日本の法律、刑法202条では、「人を教唆し若しくは幇助して自殺させ,又は人をその嘱託を受け

若しくはその承諾を得て殺した者は,6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する」とあります。

つまり、自殺幇助や積極的安楽死は法的に認められておらず、殺人罪となるのです。

では、尊厳死と安楽死の違いは何でしょうか?

日本では、消極的安楽死を「尊厳死」と呼び、積極的安楽死を「安楽死」と呼ぶようです。

つまり端的にいえば、「死なせること」が「積極的安楽死」であり、「死ぬにまかせること」
が「消極的安楽死」なのです。医師が家族の希望等を聞き了解を得て、薬の投与を辞め「死ぬに

まかせる」ことが尊厳死となり、罪に問われないようです(グレーゾーンですが)

このように、日本では安楽死は認められてないのです。

 

日本では生きる権利はあるが、死ぬ権利はないのか?という問題が出てきます。

オランダ・ベルギー・スイスなどは安楽死や、自殺幇助を法律で容認しています。

福祉大国であるデンマークやスウェーデンには寝たきり老人が一人もいないそうです。

その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、

胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているから

です。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

それは、日本との宗派の違いだと思うのです。

日本は、神道系46.5%・仏教系48.1%・キリスト教系1.1%で合計95.7%が生まれ変わりがあると

教えられているから信じているのです。その他の4.1%の中にも生まれ変わりを信じる人もいるはずです。

少なくとも神道と仏教は神さまから魂を授けてもらい、両親から肉体を授かり前世から生まれ変わって

来ている。そして死んだらあの世に帰り、又この世に修行のために生まれ変わってくる。

輪廻転生を信じているからなのです。

だから、自殺は一番の御法度で現世で肉体を持ち魂の修行に行ってこいと命令されながら、勝手に自殺

して逃げ帰る事は脱走行為なのです。

神さまに言わせれば辛いことも、苦しいことも修行じゃ!辛いことは前世や現世の罪の償いじゃ!

と言っているのかも知れません。

天国に帰れない罪を犯した魂は、地縛霊や浮遊霊となって何百年もさまようしかないのです。

地縛霊や浮遊霊を見たことや感じたことのある人は、数え切れないほど沢山いるので事実だと思います。

鏡の法則とは、自分の犯した罪は自分に跳ね返って来るのです。

現世で沢山人を泣かした人は、来征で沢山の人に泣かされるように、又、折檻やむごい殺し方を

した人は、生まれ変わったときに折檻やむごい殺され方をするでしょう。

それが鏡の不思議な反映の法則なのです。

日本の宗派では(神道・仏教)輪廻転生を認めていますので、日本人の95.7%は信じています。

(※各宗派の全ての人が認めていると仮定して)

だからそのような法律になっているのだと思いますが・・・

 

消極的な延命と言うより、積極的な延命治療をしているので、国の医療費も膨れ上がっています。

これから高齢者は急増する見込みなので、ますます医療費負担は増えることは想像出来ますよね。

※(平成30年度は+2.3%上がっています。平成31年度は未だ発表されていません)

延命治療を本人が望むならそれで良いでしょうが、多くの国民は安楽死を希望するのではないでしょうか?

本人と家族が望むなら、安楽死を認めてあげても良いと思いますけどね。

私は、安楽死を法律で見直しても良いのでは?と思いますけどね〜・・・条件付きで。

(回復の見込みがないこと、本人の希望と家族の承諾。)

ヨーロッパの方達が言うように、延命治療は老人虐待かも知れませんね。

確かに息をしている親や、家族の命を安楽死させて下さいとは言えないでしょうが、自分ならどうする?

生き地獄と、安楽死のどちらを選びますか?と言うことです。

医療技術の発達した今、日本は世界一の長寿大国なので生かそうと思えばいくらでも心臓を動かすことも

出来るでしょう。それで100歳以上が○○人いるから世界一だと言われてもね〜・・・

延命治療をすることにより、家族に負担もかけるし、私なら迷わず安楽死を希望します。

延命治療の発達した今、神様も与えた寿命を全うしなさいとは言わないと思いますけどね。

国が安楽死を肯定すれば、困る病院もあるでしょうけど、国も随分医療負担が軽減されると思います。

その分を減税するとか、教育費を無料にするとかにすれば良いと思いますけどね〜・・・

ちなみに世界の教育レベルのトップ20は・・・下記のようになっています。

1. フィンランド
2. 韓国
3. 香港
4. 日本
5. シンガポール
6. イギリス
7. オランダ
8. ニュージーランド
9. スイス
10. カナダ
11. アイルランド
12. デンマーク
13. オーストラリア
14. ポーランド
15. ドイツ
16. ベルギー
17. アメリカ
18. ハンガリー
19. スロバキア
20. ロシア

・・・・・・・・・・・・・・・・・

せめて、アジアでは1位になってほしいですね〜・・・・

しかしアメリカやロシアがこんなに低いとは想定外でした。(笑)

 

ちなみに自分の国のために戦う心づもりがあると答えた日本人は11%だった。

.僖スタン:89%

▲ぅ鵐鼻75%

トルコ:73%

っ羚顱71%

ゥ蹈轡◆59%

κ胴顱44%

П儿顱27%

日本:11%

このような愛国心の全くなくなった数字を見たら、戦争経験者は嘆くでしょうね。

 

※私は尊厳死と言う言葉には、もっと別の含みがあるように思います。

例えば、武士としての責任を取って詰め腹(切腹)をするとか、国や家族の幸せを願って

死んでいった若き神風特攻隊なども尊厳死に値するのではと思います。

 

今だからこそ、安楽死の問題を再確認して国会で論議するべきだと思います。

今回も年寄りのぼやきでした。

 

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM