聖徳太子は神の子、では何をした人?

  • 2020.02.16 Sunday
  • 14:20

聖徳太子は何をした人ですか?と聞かれて何と答えますか?

一万円札の肖像画にもなっていた聖徳太子。現在の50歳代以上の年代にとっては懐かしく

親しみのある顔ですよね〜・・・とにかく我々世代はとても偉い人としか習ってなかった。

小学校か中学で習ったのは、とても頭が良く10人の話を同時に聞いて全てを理解できたとか・・・

中国の文化や制度を学び冠位十二階や憲法17条を定めた人と伝えられていますけど・・・

世界中、何処もそうなのですが日本も劣らず、学校で習う歴史にはでたらめが多いですね。

勝てば官軍、負ければ賊軍、死人に口なし、歴史など勝った者が自由に変えられるのです。

何をした人かと一言で言えば「日本に仏教を広めた人」でしょうね。

もう少し率直に言えば「日本に仏教を広める為に利用された人」だと思います。

聖徳太子の右手側に居るのが弟の殖栗皇子(エグリノミコ:用明天皇第5皇子)で左手側にいるのが

聖徳太子の長男で山背大兄王(やましろのおおえのおう)(女の子が2人かと思ってました:笑)

この頃は聖徳太子とは云わす、厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのです。

聖徳太子と云う立派な名前で呼ばれるようになったのは、死後129年も経ってからのことです。

厩戸(うまやど)とは馬小屋のことで、そこで生まれたから厩戸の皇子とからかわれていたのだと

思います。何故??

臨月の天皇の正室(皇后様)が、馬小屋で出産すると思いますか?用明天皇と后の間の子ではなく

出産したのは用明天皇お手つきの女官が出産したので側室とされたのですが、その子は

できが悪いと云うか、かなりの知恵遅れだったと想像できます。歴史とは全く真逆なのです。

歴史上の母親は欽明天皇の第三皇女だと伝えられていますが、疑わしく思います。

長くなるので、ここではその説明を省きます・・・・・・

天皇のルーツをたどれば、初代神武天皇になるのですが、神武天皇の先祖をたどれば

有名な神の名前がずらずらと出てきて、その上が天照大神になるので、天皇一族は

れっきとした神の血を引く一族なのです。(いや、そのはずだったのです)

 

初代神武天皇から31代目天皇が用明天皇で、その第2子が聖徳太子となるのですが・・・・

聖徳太子と呼ばれるようになったのは、死後129年も経ってからのことでそれまでは

厩戸皇子(うまやどのおうじ・うまやどのみこ)と呼ばれていたようです。

普通に考えて、天皇の子をそんな呼び方をしないでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃、日本では宗教戦争が起こっていました約80年ほど続く豪族対豪族の戦いです。

それが「神道派の物部氏VS仏教派の蘇我氏」の戦いなのです。

神道派の物部氏は、神話の時代から天皇に仕える、神道を司る由緒正しい家系。

仏教派の蘇我氏は大臣に並ぶ地位の大連(おおわらじ)として政治に携わる豪族。

 

仏教派は日本には神だけではなく、宗教は自由だ隣国中国から偉い仏教を呼び日本に広める

べきだ。神道には拝む対象の像がない!仏教には沢山の像があり、手を合わし拝む対象像がある。

確かに神道には、拝む対象物(像)がなく、鏡か紙を切った御幣、もしくは丸にチョン、御幣

鏡、太陽などが神のシンボルとされ拝まれています。

仏教には、数え切れないほどの沢山の像があるのですが、神道にはそのような物がないのです。

 

(神道では拝む像と云うものがないのです。)

それを不服とした仏教推進派の蘇我一族は、信仰は自由だ他国にも素晴らしい神は居る

日本にも入れるべきだと云う意見。

それに対し、神道派の物部一族(天皇を守る精鋭部隊を連れている)は、日本は神国だ

日本に他国の神を入れるのは、日本古来の神に失礼だ。絶対入れるべきではない。

と、云う意見がぶつかり、何十年も蘇我VS物部の戦いが続いていたのです。

つまり神道派と仏教派の戦いで沢山の犠牲者が出たのです。

その頃、ほうそう(天然痘)がはやり、沢山の病人や死者が出たのです。

当時の用明天皇も病にかかり、病床に伏せるようになったのです。

天然痘に悩む31代用明天皇。手に持っているのは鏡かな?

用明天皇はそのため在位2年たらずで崩御されたのです。

后の推古天皇の母親は蘇我稲目の娘。蘇我一族の圧力が掛かり始めて仏教を公認した天皇

なのです。

病になり秒床に伏した時、物部一族の筆頭頭(物部守屋)が用明天皇に向かって

そらみたことか!仏教を公認するから神の怒りでこのようになったのじゃ!

(と言ったかどうか知らないけど:笑)

神の怒りを静める為に、寺と寺院を焼き払っても宜しいか?

病に伏した用明天皇は、即座にオッケ−えぇよぉ〜とは云わなかったと思うけど・・(笑)

とにかく容認したのです。

天皇に公認してもらった守屋一族は、お寺と寺院を焼き払ったのです。

それを知った蘇我一族は神社を焼き払い、又蘇我一族対物部一族の戦いが再燃するのです。

そのうちに、用明天皇は崩御されたのです。

 

蘇我一族の筆頭(蘇我馬子)は、寺を焼き払っても天然痘は治らない。

日本に仏教を広めるべきだ。と、物部守屋の軍勢に対して沢山の兵士を動員し対決するも

物部一族は、普段から天皇を守る為に教育された傭兵部隊。戦慣れした手練れが沢山いる。

数で勝っても、兵力では圧倒的に物部一族の方が強かったのです。

そこで、馬子は息子の入鹿(いるか)と供託して天皇の子厩戸皇子(うまやどのおうじ)

を神輿に担ぐのです。

(※馬子の娘は厩戸皇子(後の聖徳太子)の乳母だったので、厩戸皇子を生涯、死後も

歴史に残る英雄にしてあげるからと説得したのです)

軽蔑されていた厩戸皇子は、蘇我入鹿の云われるままに仏教推進派の広告塔となったのです。

 

長年続いた物部VS蘇我の戦いは、天皇の子厩戸皇子を見方にすることによって蘇我一族の

圧倒的な有利になるのです。

物部一族は神話の時代から天皇に仕える、神道を司る由緒正しい家系。天皇家は天子さま

に当たるので、天子に向かって弓を引くことは絶対出来ません。

反撃できず防戦一方で、後退し物部守屋は討ち取られ、負けを認めるしかなかったのです。

厩戸皇子(後の聖徳太子)は大馬鹿者だとは思いませんか?

天皇の家系で、天皇になられるかも知れない人なのですよ。

 

現代(昭和天皇の頃)でいえば、厩戸皇子は秋篠宮さまの地位におられた方ですよ。

自分の先祖は神であると子供の頃から教育されているはず。

その先祖神をないがしろにして、仏教推進派の広告塔になり、自分の葬式も仏式で行ったのです。

救いようのない「あほ」だったのかも知れません。

もし秋篠宮さまが、ご先祖様は神様だけど葬儀は神式より仏式の方が良い。

私は葬儀は仏式で行うと言ったら、どのように思いますか?

聖徳太子はそれをやってのけた人なのですよね。

昔から天皇は先祖神の血縁を守る為に、皇室同士の結婚をするのがしきたりとなっていたのですが

血縁者同士の血が濃ゆくなると、偶に変なのが生まれたりするんですよね〜・・・

 

大正天皇もそうでしたよね。

今は学校で教えないでしょうけど、私達世代は学校で大正天皇のことを先生から習った

ことがあります。

少し知的障害が有り(少しではなく、かなり)詔勅を(しょうちょく:みことのり)

言い渡す時に字が読めなく、面倒くさくなって文書をクルクルと丸め、それで議員席の皆の顔を

覗いたと云われています。

小学生でもあり得ませんよね〜・・・・

大正天皇在位15年と短く崩御されたのですが、死因は心筋梗塞とされていますが

本当の病名は解りません。当時一切の民間報道は無く、女官達も皇室で見た些細な

ことでも、親兄弟にもいってはならないとされていたのです。

今上天皇の詔勅です。

天皇継承の晴れの舞台でそんなことをすれば、歴史に残りますよね〜・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇は、現人神である。天子様である。とされたのは昭和天皇までですね。

(※天子とは、天命を受けて天下を治める者の意)

昭和天皇は、これからは天皇は現人神でもなく、天子でもない、普通の人間ですと

言ったことがありましたね〜・・・・

それから後皇后には、一般人の美智子様が選ばれ、美智子皇后様が宮内庁のしきたり

を全て変えていったと言われています。

そして今上天皇の皇后にも、一般人の雅子様が皇后となられ、天子の血も徐々に

薄くなりはじめたのでしょうね。

良かったのか?悪かったのか?解りませんね〜・・・

神のみぞ知るのではと思います。

神に祝福され、愛されるような、頭の良いソロモン王のような皇太子が生まれる事を

期待しますけどね〜・・・・(笑)

 

ついでに、2024年から紙幣が変わります。

 

上記の写真を見て誰だか解りますか?

一万円札(福沢諭吉)→から(渋沢栄一)に

5千円札(樋口一葉)→から(津田梅子)に

千円札は(野口英世)→から(北里柴三郎)に

恥ずかしながら、私は誰一人知りませんでした。(笑)

名前は聞き覚えのある名前なのですが、顔までは全然知りませんでしたね。

決定は誰が決めるのだろう?最後の決定権は財務大臣(麻生太郎)のようですけど。

もっと知名度のある人の方が良いと思うけどな〜・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はここまでにします。

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 


 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM