熊野大社から那智の滝へ

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 22:30

前回の続きで、熊野本宮から那智の大滝に進みます。

車で約1時間ちょっとくらいだったかな・・・

移動中に話すことは、神様のことばかり・・・三人でどうだった?どんなことを感じた?

何かを感じたか?感激したことは?等といつも話しながら移動するのですが・・・

私の感じたことは、天気が良く気分が良かった、守護霊が喜んでいた、狛犬さんも歓迎してくれた。

神様の神気のシャワーを浴びたみたいで心地よい。お寺に無い神社特有の空気だね〜。

私たち家族は神社派で、寺院や仏閣は数年に1回行くかな〜?・・・

 

お寺や寺院は何故か空気が重たく感じるのです。沢山の人がお経を唱えて成仏させているのでしょう

けど、人間の妬みや苦悩、不満、悩み、恨み等が渦巻き、餓鬼、疫病神、貧乏神がたむろしている

ようで怖いのです。

優しい母親や、おばあちゃんのような、包み込んでくれるような優しい愛は感じるのですが・・・

静かなフワッとした空気を感じます。賑やかに騒ぐのは御法度で、お坊さんも酒や肴は御法度です。

座禅の修行時も目を閉じ、心静かに座禅を組み、余計なことを考えたり姿勢が崩れると警策(けいさく)

と呼ばれる棒で肩を後ろからピシッとたたかれます。

 

その点、神社(神様)は父のような凜とした空気(神気)があるのですが・・・

お祭りとなれば神様は賑やかなことが大好き、笛を吹き、太鼓を叩き、御神輿を大声でワッショイ、

ワッショイと男衆がフンドシ姿で担ぎ、酒を飲み水をかぶり笑顔で楽しく賑やかに盛り上げます。

花火を揚げ、神社の境内には土俵があり相撲を取り、食べて飲んで歌えの大はしゃぎをして神様に

も楽しく喜んでもらいます。

それが神際と呼ばれるもので、普段の厳かな凜とした空気とギャップがあるのが楽しいですね。

人間もギャップのある人の方が楽しいと思いますね。

いつもムスッと苦虫を噛みつぶしたような顔でいるよりも、テレビのチャンネルを切り替える

ように、酒を飲んで楽しく騒ぎ歌う時や、身を乗り出してスポーツ観戦したり、歯を食いしばって

筋トレしたり、座禅を組んだり、笑い転げたり、テレビで涙したり、海辺で寝転がって波の音を

聞きながら雲の流れをじっと観察したり、潮の匂い、川の匂い、花の匂い、木の匂い、土の匂い

嗅覚、視覚、触覚、聴覚、味覚の五感を楽しんでこそ健康に生きていると言う実感が湧くのです。

その五感を楽しんでいると、それらを超越した感に出会えます。それが第六感なのです。

 

そして、信じてもらえないかも知れませんが、私たち家族は神の声を聞いたことがあります。

それもしょっちゅうです。(私の場合はたまにですが、家内や長女は良く聞こえるみたい)

神社では神の声がこっちじゃ、こっちじゃと・・・・

そちらの方角に行くと摂社や末社があるときも、神様がよう来たの!

○○様ご無沙汰です。私に何か伝えることがあるのでしょうか?・・・・・無言

只それだけ??の時も・・・

私が神様に言われたことは「時空を超えよ」と何度か言われました。(市杵島姫さまに)

が、・・・未だに時空を超えることが出来ません。(^^ゞ

 

家内が車の中で今日神様の声を聞いた!と言う。

何を聞いた?と聞くと・・・・

「神と一体になれ!」と言われたそうです。私に神になれと言うこと?(笑)

 

すごいこと言われたな〜そんなことできるんか?できんやろ?と言うと・・・

でもほんとに言われたもん。・・・神と一体なんて無理よね〜。

そんな神様の話で盛り上がり、1時間過ぎくらいで那智の大滝についた。

飛瀧(ひろう)神社というんですね。駐車場付近から滝のドドーンというしぶきの音が聞こえる。

此処も何度目かな〜 何度来ても瀧のすごい音でワクワクする。

 

何百年という年月で石段さえも割砕き生えてくる生命力の強さ、これもご神木なのでしょうね

迫力ある〜しばらくいると、水しぶきで体がびしょびしょになりそう(笑)

左側の白いシートは社務所の工事です。四六時中水しぶきを浴びるから湿気も凄いでしょうね〜

滝をしばらく凝視していると、滝の中に色々なものが見えてくるのです。

先日の大雨が降ったせいで、今日は水量も多いです。

神様や神殿は写さないようにしているので、此処ではあまり写真を撮っていません。

家内の前世は此処で修行したみたいです。此処に家内がおばばと呼ぶ前世で世話になった偉い

ばあさんが(失礼)いるそうで、今でも時々時空を超えて家内に伝えに来るそうです。

 

そして、私が今一度会いたかったのは、このお堂の中にいる役行者(えんのぎょうじゃ)さま

前々回来たときに、話しかけられて耳を疑ったのですが、もう一度しっかり話を聞きたいと来た

のですが、工事中で進入禁止になっていました。(残念)

入り口は立ち入り禁止の札が・・・せっかくここまで来たのに入場料取るなよと言いたい(笑)

あぁ〜残念!この役行者に会いたかったなー・・・・もう一度話を聞きたかった。

今回は呼ばれたわけでもなく、私が一方的に会いたいと思って来たから仕方無いか・・

又いつか会えるでしょう・・・

此処を後にして・・・今日はもうホテルに直行します。疲れた・・・・

泊まったホテルは浦島ホテル。

このホテルは2度目ですが、温泉と夕食のバイキングが気に入ってます。

前回泊まった時の写真ですが、島全体が浦島ホテルで、長いエスカレーターで頂上まで行けます。

頂上に浦島稲荷があって、前回もこのお稲荷さんにご挨拶をして、今回も此処のお稲荷さんに

ご挨拶と、健康で又来られますようにとお願いする。

家内が此処でおみくじを引くと、なんと又そのおみくじには「神と一体になれ」と書いているじゃ

ありませんか・・・不思議な事もあるのですね〜

現在改装中で、温泉も三っしかありませんが、前回は確か八つあったと思います。

海岸沿いの波しぶきを味わえる温泉で、今回は朝の日の出を見ながら入れたのでとても良かったです。

カメラを持ってなかったので、ネットより拝借です。

この温泉は最高!とても気持ちよく入れました。

朝風呂に入ったとき運よく日の出を見ることができました。実際はもっときれいだった。

 

バイキングはマグロの解体コーナーもあって、新鮮な大トロもたらふく食べました。(笑)

バイキングはいかんなー必要以上に食べるから・・・・

私の大好きなウナギ蒲焼きもたらふく食べましたね〜(笑)

気持ち悪いほど食べて、飲んで、温泉に入り余は満足という気分で熟睡する。

明日は大阪の石切神社へ向かいます。

今日はこの辺で終わりにします。では又・・・・・管理人。


人気ブログランキング

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM