恐ろしい地鎮祭の実態

  • 2019.03.22 Friday
  • 19:02

私の本職は不動産取引業を専門としているので、建築の際に地鎮祭に立ち会うことはよく

あります。

又、お祓いに関しては素人ですが、神様ごとに関してはそこそこの知識と、霊感もあると

思っています。

(我家では私が自分で幣棒を振り祝詞をあげ、祓い清めの家祈祷を年に一度はしています)

(本文と画像は関係ありません)

よく見かける地鎮祭を行っている風景です。

地鎮祭は何のためにするのでしょうか?・・・・

,海療效呂鵬箸魴てて、住む事をお許しくださいと、土地の神様にお願いする意味。

 (神様にお供え物等をして、ここに住み生活することを承諾して貰う儀式)

建築が完了するまで安全に工事が進みますようにと、祈願する意味。

 (工事中に怪我や死人が発生した場合は事故物件となるので、安全を祈願する意味)

この土地に見知らぬ魂が残っていた場合の魂抜き。又、霊道が通っていた場合の方位除け。

(この土地に残っている因縁や災い事を成仏させ、何もなかったように穢れを祓い清める

儀式)大体、この三つの土地を鎮めるお祭りを「地鎮祭」と呼ぶのです。

 

主に戸建住宅や、会社や工場を建てるときにその都度、このような地鎮祭を行うのですが・・・

最近は、建設会社が造成地を何区画も購入して地鎮祭を一括して済ましているとのことです。

(本文と写真は関係ありません)

業者がこんなこと書くと、他業者に叱られるかも知れませんが、ちゃんとした地鎮祭が出来て

いるのか疑問です。

業者はローンを組んで買ってもらえれば、後で何があろうとそれで「さようなら」なのです。

,鉢△漏笋抜蔽韻覆里任垢(神様に報告のみ)問題はH屬覆里任后

に関しては、余程の力を持った神職でないと難しいと思います。

その力とは、年齢とか経験や修行によって得るものではなく、持って生まれた天性、素質が

必要なのです。

(修行によってある程度は上達しますが、限界があります。やはり天性の才能や感じ取る素質

センスが必要だと思います)

私の想像では、それだけの力を持った神職は100人に一人いれば良い方です。

だから・・・・

日本の法律では「霊障」「除霊」「悪霊」「生霊」「地縛霊」「動物霊」「怨霊」等を肯定する

法律はないのです。

 

でも多くの方は、少なからず気にしています。

我々不動産業者も契約日、引渡日、地鎮祭日、引越し日等は、大安吉日やその他良い日をお勧め

しています。

間取りに関して相談があれば最低でも、鬼門・裏鬼門にトイレや台所、又ゴミや不潔な物を

置かないような設計をお勧めすしています(設計士は皆、当然知っています)でも、

風水等あまり神経質になって間取りを造ると、不便な使い勝手の悪い間取りになるので、

鬼門裏鬼門くらいで良いのではないでしょうか?

後は風水、奇門遁甲等で開運を図ればいいと思います。

少し話がぶれましたが・・・・・

地鎮祭の神主さんの料金は法で定められていませんので、お気持ちだけでと言われます。

地域により大体の相場があるようですが、神職の方から○○円でないと出来ませんと言うなら

問題ですね。

神職も忙しいので、日程が合わない場合はアルバイトの神職(有資格者)に依頼する場合も

あります。

問題は・・・・・

のその土地に地縛霊等の除霊をしなければならない場合に、ちゃんと出来るのか?

と言うことです。

業界的に言うと・・・

,鉢△録世気泙悗瞭禄个悩僂澆泙垢、に関してはそこに住み着いている魂の許可が必要です。

(,鉢△睫菊呂韻之築すると土地神さまも機嫌悪いでしょうね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県外の実例ですが、Aさんが新しい分譲地を買ってそこにマイホームを建築する前に地鎮祭を

行った。

1週間ほどして、祈祷師と称する人が訪ねてきて、あそこの土地は以前処刑場だったので地縛霊

が沢山います。

私の見たところではお宅の土地も隣の土地もこの付近一帯に何百と言う地縛霊が沢山

渦巻いて居る。

最近、地鎮祭をしたようですが、全然成仏できてない霊がうようよ居ますよ。

このまま家を建てると、必ず災いが起きます。それでも良いですか?・・・

私は除霊専門の祈祷師です。

あなたの土地を隅から隅まで綺麗にご祈祷して霊を成仏さすことが出来ますよ。

 

あそこの団地でも幾つか依頼されて済ませました。

Aさん・・・幾らで出来ますか?

祈祷師・・・30万円でやりましょう。

Aさん・・・1回こっきりの祈祷で、後々はしなくていいですか?

祈祷師・・・勿論です。何の災いもなく一生安心して暮らせますよ。私はその専門ですから。

Aさん・・・じゃーお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話を聞いたときに、これは間違いなく祈祷師と称するサギ師です。

こんな話にだまされてはいけませんよ。

本物の祈祷師は、金銭のぼったくりはしません。持主を調べて訪問に来るとは、尚更怪しい。

毎日神仏に感謝して生きている人なら、金額は言いません。

それを商売として利益を上げると力が落ちるからです。

テレビに出ても落ちます(神に感謝して生きている人なら、世のために働くのは当然です)

私は祈祷師と称する人の99%は偽物だと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では一番良いのは?・・・・・

※事故物件などの問題ありの土地は避けること。

※事故物件でなくとも、元墓地、元病院、元学校、元沼地、元戦争の死体置場等もそうです。

(元沼地については、何百年もの間に動物の骨が流されて埋まっているので動物霊や魑魅魍魎

が集まっている可能性があります)

 

どうしてもそこに家を建てたいのなら・・・・

※力のある神社の神主に地鎮祭をして貰うこと。

(その見極め方は高額を求めないこと、その地区で評判の良い神社でり、眼を見て話す人)

 

仏式による地鎮祭は信じられませんけど、神主による地鎮祭が終わった後に、力のあるお坊さん

に除霊して貰うのもありかも知れませんね。

魂の除霊や成仏さすには、仏教の方が優しく霊鎮め出来るかも知れませんね〜・・・

※神道では魂鎮(たましずめ)と言いますが、仏教では鎮魂(ちんこん)と言います。

 

神道では「霊障」「除霊」「悪霊」「生霊」「地縛霊」「動物霊」「怨霊」のような穢れは、主に祓い清める方法

取ります。又、巫女が鈴を鳴らして舞う御霊鎮(みたましずめ)の儀というのもあります。

 

仏教では「霊障」「除霊」「悪霊」「生霊」「地縛霊」「動物霊」「怨霊」のような成仏しない霊は、穢れとして

祓わず語りかけ、さとして成仏さす方法をとるようです。

偉い坊さんは霊界まで迷わず連れて行ってあげる力も持っているようです。

 

日本の法律では上記の霊障や地縛霊等の幽霊が出たと言っても認められません。

最近やっと「事故物件」の定義として「心理的瑕疵物件」という告知義務がありますが、それも

殺人、自殺、不自然死、火事のみで、動物霊や怨霊、悪霊、地縛霊等は認められておりません。

※業者に定められた告知義務は「物件瑕疵」と「心理的瑕疵」があり事実を伝える義務があります。

しかし、証明できない幽霊が出るとか、地縛霊を感じます等と言うと、売主に叱られ法で罰せられ

ます。

 

若い人は、場所さえ気に入れば買いたい意欲を見せるのですが、お爺ちゃんお婆ちゃんが出て

来ると人生経験から孫を気遣って、年回りや方角、時期、風水、鬼門、等を調べ慎重になる方も

居ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから2年前亡くなった私の兄を例にあげると・・・40年ほど前に何故か視野が段々と

狭くなり、有名な眼科や、大学病院で見て貰いましたが、原因不明の病気で大学病院の先生の言う

にはここ数週間の間に徐々に視野が狭くなっているので、原因は分かりませんがこのままでは

失明します。と言われたのです。

兄はすごいショックで、仕事どころではありません。生きて行くのも嫌になったと言う。

 

そこで、私は霊症かも知れないので一度神主さんに見て貰ったら?と南国市の、とある神社の

神主に見て貰いに行きました。(私も数回行ったことがある、とても力のある神主さんです)

そこで神主さんが祈祷して言われたことは貴方、去年墓地を買いましたね。

5月に買ったはずです。

兄は確かに去年墓地を買ったが、5月ではなかった暑い夏だったと思うと言うと、神主はいいえ

5月○○日に買っているはずです、ときっぱり言う。帰って調べて見なさいと、その墓地には目の

不自由なお坊さんの魂が2〜3体残っているはず、その魂を成仏させてあげないと必ず失明します。

墓地を買った貴方に成仏させて欲しくてすがっているのです。

助けてあげなさいと言われたのです。

私は兄が墓地を買ったことは聞いてましたが、何処に買ったのか知りませんでした。

兄の言うには、墓地は更地で昔から誰も埋まってないと聞いて買ったらしいのですが・・・

帰ってよく調べてみると、買ったのは去年の5月○○日で神主の言う通りだったと言ってました。

 

そして翌日神主に墓地に来て貰って、何と言う供養か知りませんが、墓地で練炭に火をおこし鍋

に水をはり、その上に空桶を乗せて祝詞をあげながら、蒸気で桶を温めます。

そしてその温まった空の桶を墓地の隅から隅までジグザグに運んでいると、なぜか(ウォ〜ン)

という音が鳴るのです。

神主はよしここじゃと、土地に✖印を付ける。そしてまだあるはずですと桶を運んでいると、又

(ウォ〜ン)という音が鳴る。そこにまた✖印を付ける。

そして又探していると、又鳴りました。✖印を付け、結局3か所に浮かばれない魂が残っていたの

です。

神主は近くの大きな石を拾ってきて、墓地の隅に置き此処に三つの魂を一緒にして供養します。

と祝詞をあげ、御幣を立て三つの魂をその石に集め供養したのです。

神主は、これは応急処置なのでこの石を小さなお地蔵さんに変えてあげてください。

そしたら、目の不自由なお坊さんに感謝されて目も治り、すべてが順調になります。

と言われました。

お地蔵さんが出来たらもう一度来ますので、連絡ください。

と別れて、小さなお地蔵さんを祀りました。

それから、徐々に目も回復して3か月ほどで完全に視力も回復しました。

そんな大感謝するほどの仕事をしてもらっても、大金は要求しませんでした。

本当にこれで良いんですか?と思うくらいしか受け取らないのです。

(だから本物なのですよ)

その墓地には、今もお地蔵さんが立っているはずです。

兄はその墓地には触らず、別のところに墓地を買い、納骨堂を立てそこで眠っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、墓地を買うにもよく調べ気を付けるべきで、地鎮祭もおろそかにしてはいけませんよ。

最近は、地鎮祭は単なる形式の行事だと思って、すべてを工務店や不動産業者に任しているのを

見かけますが、その土地の氏神様か、産土の神様か、自分の信頼できる神主さんが良いと思います。

日本の法律では霊障は肯定していませんので、誰にも責任がないのです。

では、今日はこの辺で終わりとします。  (管理人)

 

下のブログランキングにご協力をお願いします。 m(_ _)m

 


神社・仏閣ランキング


人気ブログランキング

 

 

コメント
コメントありがとうございました。
その節はこちらこそありがとうございました。
記憶に残る良いお客様でした。
又いつでも、何でもお申し付け下さいませ。
  • 管理人より
  • 2019/03/28 8:24 PM
またまた、勉強させていただきました。ありがとうございます。
  • お世話になりました
  • 2019/03/26 12:45 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM